線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

絵に苦手意識がある方におすすめ!

この本は「絵を描くロジックを学べる」デッサンの教科書です。
デッサンと聞くと、写実的に描く=難しいと思われるかもしれませんが、本書ではペンの持ち方・線の引き方といった、基礎の基礎から学ぶことができます!

絵の教材ってすでにある程度描ける方向けのものが多いと感じているのですが、本書はそうではありません。
StudyWorkで構成されており、徐々にレベルアップ、実際に手を動かしながらしっかり描けるようになります。

こんな人に読んでほしい

まったく絵を描いたことのない初学者におすすめ!
ペンの持ち方・線の引き方から学べる書籍はそう多くはありません。
どうやって描いたらいいかわからないという人にこそ、おすすめの一冊です。

  • 絵の描きかたがわからない
  • そもそもペンの持ち方もわからない
  • 下手でもいいから、まずは描いてみたい
  • 本格的なデッサンにチャレンジしてみたい

ただし、本書は人物を描くことについて学ぶにはあまり適していません。
人物の描きかたについて学びたい方には、こちらをお勧めいたします。

最初はペンの持ち方から

いざ絵を描くといっても、どうやってペンを持って、どんな風に動かして、どんな線を引けばいいのかわからない……という方でも安心!
一番最初は、ペンの持ち方や線の引き方を、写真付きで学べます。

絵を描き始める前のストレッチのやり方なども載っています。

必要なものは紙と鉛筆だけ

5章で構成された本書は、紙と鉛筆さえあれば誰でも絵を描くレッスンを始められます。
「絵は、すべて1本の線から始まる」
線と図形が描ければ、そして、紙と鉛筆さえあれば、誰でも絵を描くことができるというのが本書の教えです。

1章でペンの持ち方、線の引き方を学び、2章で平面、3章で立体について学びます。
最後に5章で、情景の描きかたについて学べます。

徐々にレベルアップして描いていくので、途中で挫折せずに絵を描くことにチャレンジできるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました